科技信息

2014, (01) 169-170

[打印本页] [关闭]
本期目录(Current Issue) | 过刊浏览(Past Issue) | 高级检索(Advanced Search)

受動詞の受動的表現について——構文的·意味的特徴分析を中心に

罗洛;

摘要(Abstract):

本稿では、受動詞の構文的·意味的特徴を考察した上で、受動詞文と受身文の共通点及び相違点を比較した。意味的には、文全体の面からみれば、一般に受身文は主観的表現であるのに対し、受動詞文は客観的表現である。構文的には、主体の面からみれば、受身文では主体が迷惑の受け手として人間の場合が多いのに対して、受動詞文では主体が無生物の場合が比較的多い。また、行為者の面からみれば、受身文では行為者が人間や自然現象が多く、一般に省略できないのに対して、受動詞文では行為者が無生物が多く、省略することができる。

关键词(KeyWords): 受動詞文;ニ格名詞句;非意図的行為;被害の意識

Abstract:

Keywords:

基金项目(Foundation):

作者(Author): 罗洛;

Email:

DOI:

扩展功能
本文信息
服务与反馈
本文关键词相关文章
本文作者相关文章
中国知网
分享